お仕事記事トップ画像
CONCEPT

住みたくなる街は、働きやすい街だから。
あなたにぴったりの街、見つけよう。

お給料、仕事内容、休暇、待遇・福利厚生−−。

どれも仕事選びにおいて、大切にしたい条件だけど、

暮らしやすい街や大好きな街で働けた方が、

もっともっと、毎日が充実するはず。

この「派遣の街ナビ」では、全国各地の情報を、

アウトソーシング現地スタッフが徹底的に調査!

その街の魅力や特長を、ボリュームたっぷりでお伝えしていきます。

新しい街で働く時、「不安」よりも「楽しみ」を持ってほしいから。

「街選びから」はじめる、仕事探し。始めてみませんか?

和歌山県

高野山や熊野古道などの世界遺産、美しい砂浜が広がるリゾート地の南紀白浜など、観光名所が数多く存在する和歌山県。

福井県

日本総合研究所が分析した「全47都道府県幸福度ランキング2020」で、幸福度ランキング第1位に輝いたのは、福井県!この調査は2年に1度行われていますが、福井県は4回連続で1位になっています。

鹿児島県

ブランド総合研究所が2019年に行った調査「地元愛が強い都道府県ランキング」によると、鹿児島県は北海道に続いて2位。

香川県

日本一面積の大きな都道府県はダントツで北海道。一方、日本一面積が小さい都道府県は香川県ということ、ご存知でしたか?

愛媛県

瀬戸内海に面し、温暖で穏やかな気候に恵まれた愛媛県。実は「ストレスオフ指数が高い県」として、近年注目を集めています。

福島県

都道府県の「関係人口」という数値をご存知でしょうか?総務省の定義によると、関係人口とは、居住者と移住した人も含む「定住人口」ではなく、観光に来た「交流人口」でもない、地域や地域の人々と多様に関わる人のことを指します。

栃木県

ブランド総合研究所による「都道府県魅力度ランキング2020」で、なんと最下位となってしまった栃木県ですが、その結果に「ありえない!」と疑問の声があちこちから挙がりました。

徳島県

ブランド総合研究所による「都道府県魅力度ランキング2020」では第46位と、下から2番目という低評価になってしまった徳島県。しかし、徳島県は、兵庫県の淡路島と大鳴門橋でつながれ、関西から四国に入る玄関口で関西圏からのアクセスが良く、その奥には山、川、谷、海などダイナミックな自然が広がっています。

東京都

「移住」というと、東京都はあまりイメージに浮かばないかもしれませんね。でも実は、東京都民が移住を検討する際にまず候補に入る場所は、同じく東京の郊外なのです。

長崎県

長崎県は、「産業革命遺産」「潜伏キリシタン関連資産」の2つの世界遺産を始めとして、異国情緒あふれる街並み、世界新三大夜景にも数えられる夜景、複雑な地形から生まれる絶景など、見どころがいっぱい!海外旅行客も多く、日本でも有数の観光地です。

大阪府

英誌エコノミストの調査発表(※1)によると、大阪府は「世界で最も住みやすい都市」の3位!指標となる「安定性」「医療」「文化・環境」「教育」「インフラ」の全項目で世界トップクラスの水準を記録し、東京、ニューヨークやロンドンなどの大都市を上回る結果となりました。

千葉県

宝島社「田舎暮らしの本」が発表した「移住したい県」2021年のランキングによると、千葉県は47都道府県のうち5位。千葉県はこのランキングで常に上位にランクインし、移住希望者の注目度が高い県です。

秋田県

おいしいお米に魚介類、新鮮な野菜。食べものがおいしいイメージがある東北地方ですが、秋田県も例外ではありません。農林水産省の調査(※1)によると、秋田県は食糧自給率が全国2位。

山梨県

2021年に認定NPO法人ふるさと回帰支援センターが発表した『2020年移住希望地ランキング』によると、山梨県は静岡県に次いで2位。同ランキングでは山梨県は常に上位常連組で、2015年以降5位以内にランクインしています。山梨県の安定した移住人気を支える理由は何でしょうか?

山口県

一般社団法人ストレスオフ・アライアンスとCHILL OUT(合同会社エンディアン)が実施した調査「ストレスオフ都道府県ランキング2020」によると、山口県は男性が2位、女性は3位だそうです。山口県に住む人は、なぜストレスが少ないのでしょうか?

佐賀県

知名度の低さや田舎ぶりを嘆く曲「佐賀県」のヒットもあり、マイナーなイメージの強い佐賀県ですが、暮らしやすい県としての注目度が高まっています。日本総合研究所による「都道府県幸福度ランキング2020年版」では、佐賀県が九州ではトップにランキング!さらに、野村総合研究所による「成長可能性都市ランキング2017」で、佐賀市が「都市の暮らしやすさ」で堂々の1位に!「子育てしながら働ける環境がある」の評価でも松本市、前橋市に次いで第3位にランクインし、住むにはとても良い環境にあることがわかります。

広島県

中国・四国地方の最大都市である広島市を中心に、西日本の中核県のひとつとなっている広島県。都市的な暮らしを送りながら、南には瀬戸内海、北には中国山地があり、海や山のレジャーを気軽に楽しめることが魅力の県です。

熊本県

日本一有名なご当地キャラクター「くまモン」の故郷である熊本県。政令指定都市であり、九州では3番目の規模を誇る大都市の熊本市が中心となる一方で、阿蘇山が織りなすダイナミックな景観は、観光地としても人気です。

岩手県

全国で北海道に次ぐ2番目の面積を誇る岩手県。作家・宮沢賢治の故郷で、理想郷との意味で「イーハトーブ」と名付けられた、雄大な自然に恵まれた美しい地です。

岡山県

昔ばなしの桃太郎のふるさとである岡山県は、1年間の降水量1mm未満の日数がもっとも多いことから、「晴れの国おかやま」と称されています。

宮城県

総務省の国勢調査によると、宮城県は東北6県の中でも最も人口が多い県。一方、国土地理院のデータでは、その面積は東北6県の中で最小。つまり、経済が発達し、コンパクトなエリアに人が集まる都市型の暮らしが成り立っているということになります。

長野県

夏は避暑地として、冬はスキーのメッカとして大人気の長野県。総務省が発表した最新調査によると「別荘が多い都道府県」第1位(※1)で、名実ともにあこがれの移住地としてゆるぎないブランドを誇っていることがわかります。

埼玉県

東京の北部に位置する埼玉県は、東京へのアクセスの良さからベッドタウンとして発展してきました。以前は東京の影に隠れたような存在でしたが、アルヒ株式会社による「本当に住みやすい街大賞2021」では、埼玉県の川口が堂々の第1位に!

新潟県

「新潟」と聞いて、米どころをイメージする人は多いのでは?まさにその通りです!農林水産省の調査によると、2020年お米の収穫量が最も多い都道府県は2位の北海道に大きく差をつけ、新潟県が1位!

山形県

大手不動産会社の調査(※1)によると、山形県は「静かさ」「治安」の2つの点から住みここちの良い都道府県第3位。また、三世代同居率が全国1位(※2)、持ち家1住宅あたりの居住室の広さも全国3位!(※3)。

富山県

3,000メートル級の山々が連なる立山連峰を始めとした、豊かな自然環境に恵まれた富山県。富山湾の豊富な魚介類、美しい水に育まれた農産物など、おいしい食の宝庫でもあります。そんな富山県は、移住先としての人気が急上昇中!

神奈川県

大都市横浜を抱え、人口は東京に次いで全国第2位と、都会的なイメージの強い神奈川県。横浜市、川崎市、相模原市と、政令指定都市が3市ある唯一の都道府県です。その一方で、箱根や湘南など、山や海の自然に恵まれた土地柄でもあります。

京都府

京都府は、日本の歴史や伝統、美学を色濃く感じられる古都として、世界的に有名な観光地。また、観光名所だけでなく、デパートや飲食店が数多く集まっている、一大都市です。その一方で、実は製造業やハイテク産業が盛んな工業都市でもあります。

三重県

紀伊半島の東部にある三重県は、南北に細長い形をした県です。県の北部や西部には鈴鹿山脈や紀伊山地などの山岳地帯があり、東部には伊勢湾・熊野灘に面した伊勢平野が広がっています。

岐阜県

日本のほぼ真ん中に位置する岐阜県。関市には日本の人口重心(日本に住む全ての人を同じ体重と仮定して地図上に置いたときに、日本列島を平衡に支える点)があり、人口分布において日本の中央にあたる県なのです。

静岡県

東京にあるNPO法人のふるさと回帰支援センターが、相談窓口を訪れた移住希望者を対象に調査した「2020年移住希望地域ランキング」で、静岡県が1位を獲得しました。田舎すぎず都会すぎない静岡県はこれまでもランキング上位の常連でしたが、

大分県×中津市

2005年に旧中津市と下毛郡が合併し、現在の中津市が誕生しました。中津市は大分県の西北端にあり、福岡県との県境に位置しています。市の北東は周防灘に面し、西端には英彦山がそびえています。

愛知県×安城市

安城市は愛知県のほぼ中央に位置しています。愛知県を代表する農業先進都市として1909年に完成した農業用水路「明治用水」の豊かな水に育まれ、世界の中でも農業先進国であったデンマークに並ぶとして「日本のデンマーク」と呼ばれてきました。

愛知県×岡崎市

岡崎市は愛知県のほぼ中央に位置し、名古屋からもアクセスが良い場所に位置しています。

愛知県×田原市

田原市は愛知県の最南端。北側は風光明媚な三河湾、南は雄大に広がる太平洋のパノラマが望める海に囲まれた渥美半島にあります。

愛知県×豊田市

地域の社会的状況や構造を示す5つの基本指標と、人々の幸福感を具体的に評価する尺度として「健康」「文化」「仕事」「生活」「教育」の5分野・50指標を設定し、それに追加指標を加えた計75指標を総合して、都道府県別の「幸福度ランキング」を算出した(一財)日本総合研究所が発表の「都道府県幸福度ランキング2020」にて豊田市は中核市部門の中で総合1位に輝きました。

愛知県

日本列島の中央に存在する愛知県。大都市としても有名な名古屋を中心にとても栄えているイメージがあると思います。愛知県は自治体ごとに“住みよさ”を表す各指標について偏差値を算出し、その平均値を総合評価として順位付けした東洋経済『都市データパック』編集部発行の「住みよさランキング2020」の上位50位までになんと7都市も含まれているという日本屈指の住みやすさ抜群の県なのです。そんな住みやすい愛知県を徹底解剖していきます。

茨城県

ブランド総合研究所が発表している「都道府県魅力度ランキング」で、一時期7年連続最下位となったことが話題になった茨城県。しかし、このランキングとは正反対に「住みやすさ」では、とても高い評価を受けているのです!

群馬県×太田市

群馬県で3番目の規模を誇る太田市は、製造業が盛んで「モノづくりの街」と言われています。ショッピングモールなどの商業施設が多く、東京へのアクセスも良好で、若者が多く活気にあふれています。その一方で、川や山など自然が身近にあり、市内には温泉郷も!その住みやすさは高い評価を受け、東洋経済新報社による「住みよさランキング2020 群馬版」では、第1位を獲得しています。

群馬県

群馬県は、県民1人あたりの所得が全国5位(※1)と比較的高所得でありながら、物価水準が全国で3番めに低く(※2)、家計的にとても暮らしやすい県。しかも、住宅地の平均価格は1㎡あたり東京都のわずか10分の1(※3)と、広い庭の一戸建ても夢ではありません!

滋賀県

日本最大の湖、琵琶湖が県面積の6分の1を占める滋賀県。京都や大阪など、関西圏の大都市へのアクセスが良く、豊かな自然と程よい都会感のバランスの良さが魅力の県です。

石川県×金沢市

自治体ごとに“住みよさ”を表す各指標について偏差値を算出し、その平均値を総合評価として順位付けした東洋経済『都市データパック』編集部発行の「住みよさランキング2020」によると金沢は全国の都市の中でなんと7位に輝きました。

石川県

2020年に(一財)日本総合研究所が発表した「全47都道府県幸福度ランキング2020年度版」※ にて全国4位に輝いた石川県。

大分県

2020年版 第8回「住みたい田舎ベストランキング」(宝島社発行「田舎暮らしの本」)で、多くの市町村が上位にランクインする大分県。

福岡県×苅田町

苅田町は、九州の北東部、北九州市と行橋市の間にあります。東は周防灘に面した臨海工業地帯、西は九州有数のカルスト台地である平尾台が広がっています。苅田町は海と山に囲まれているため、工業地帯でありながら美しい自然を身近に感じることができる場所です。

福岡県×宮若市

西部に位置し、福岡市と北九州市のちょうど中間地点となる場所です。宮若市は周囲を山に囲まれた地形で、市内を流れる川の流域に住宅や商店が密集した市街地があります。

福岡県

日本屈指のグルメタウン福岡市を中心に、九州の経済の中心地、そしてアジアの玄関口として栄えてきた福岡県。

兵庫県

港町の神戸市、甲子園のある西宮市などの都市部から、離島の淡路島、歴史ある城崎温泉まで、多種多様な面を持つ兵庫県。

北海道×旭川市

人口約34万人と、札幌市に次ぐ北海道第2位の規模を誇る旭川市。道北エリアの中心都市で、商工業はもちろん、医療、福祉、教育などが充実しています。株式会社リクルート住まいカンパニーによる大東建託株式会社による「住みたい街『自治体』

北海道×札幌市

北海道最大都市の札幌市は、人口約195万人。東京23区、横浜市、大阪市、名古屋市に続く、日本で5番目の大都市です。

北海道

民間調査会社のブランド総合研究所が毎年発表している「都道府県魅力度ランキング」で、12年連続第1位に輝いている北海道。もちろん最新版の2020年度もトップに君臨しました。