2021.07.28

検査の仕事とは?どのような人が向いている?

はじめに
記事画像

製造した製品を出荷する際に、不良品を出荷するわけにはいきません。不良品を出荷してしまうとお客様に迷惑をかけるだけでなく、会社の評判が悪化し、業績に悪い影響が出てしまいます。そこで、どんな工場でも出荷前に検査の工程が設置されています。
単純な作業にも見える検査の仕事ですが、実はさまざまな仕事に活用できるスキルを身につけられる、魅力的な仕事です。この記事では、検査の仕事内容や種類、どのような人が向いているかについて紹介します。

検査の仕事とは?

工場における検査の仕事とは、製造された商品や製造中の製品が狙い通りにできているか、問題が発生していないかを確認する仕事です。きちんと検査をすることで、お客様に納入したり、店舗で販売したりできる品質になっているかを確認します。
検査で確認する観点として代表的なのは、「外観などの見た目」、「製品が正しく動くか?」、「異物が混入していないか?」、などが挙げられます。
見た目の検査では、製品の色味が狙い通りになっているか、また表面に傷がついていないかなどを確認します。動きの検査では、商品に故障がなく正常に動くかどうか、異物の検査では、商品の製造工程で異物が混ざっていないかを確認します。
お客様に納品したり、市場に出回ったりする商品に不良品が混じってしまうと、企業としての信頼や評判が下がってしまいます。その最後の砦となるのが検査の仕事なので、とても重要な仕事です。

検査の仕事にはどのような種類がある?

検査にはさまざまな種類がありますが、もっとも一般的なのは目視検査です。工場のラインを流れてくる商品を見た目や拡大したモニターの映像で確認し、不良品を取り除きます。
不良品になるのは、外観に傷がついていたり、色が異なっていたり、異物が混入してしまっているものです。
他にも製品の寸法や重さが決められた範囲に入っているかどうかを確認したり、実際に作った製品を抜き取りで確認する検査も行われています。また、検査で見つかった不良品がなぜ発生したのか、原因を追及するのも重要な仕事の一つです。

検査に向いている人の特徴とは
記事画像

検査の仕事では、不良品を見逃さないように集中して作業を続ける必要があります。そのため、繰り返し同じ作業をしていても、集中力を保ち続けられる人が向いています。
また、小さな不具合でも見つける必要があるため、細かい作業が得意で、さまざまな点に気を付けながら確認できる人は活躍しやすい仕事です。重いものを持ったり、暑い環境で仕事をしたりするケースは少ないため、力仕事が苦手な女性にもおすすめの仕事です。
一方で集中力が続きにくく、同じ仕事の繰り返しに飽きてしまう人は、検査の仕事には向いていません。仕事がつらい、きついと感じてしまう可能性が高くなります。

検査の仕事をスムーズに進めるコツとは

検査の仕事をスムーズに進めるためには、検査をするポイントと結果の判断基準を頭に入れておく必要があります。毎回、判断基準を書いたマニュアルを見ていたのでは、時間がかかってしまいます。ですから、求められている条件は覚えておくようにしましょう。
また、OKとNGをすぐに判断できないと検査の効率は下がってしまいます。どこまでが「OK」で、どこからが「NG」なのか、判断基準をきちんと把握しておけば、スムーズに検査を進められます。
さらに効率よく仕事を進めるためには、自分の中で小さな目標を作るのもいいでしょう。例えば、「休憩の前までにあと20個の検査を完了させる」とか、「50個の検査を正確に、昨日よりも短い時間で完了させる」などの目標を設定すれば、達成のための工夫が生まれ、効率的に作業が進められるでしょう。
短時間で多くの検査をこなせるようになれば自分の成長を実感し、モチベーションの向上につながります。また、周囲からの評価も高まるため、仕事が進めやすくなります。

検査の仕事を通してスキルアップできること
記事画像

検査の仕事では、製品の品質を確保するために、集中して取り組む必要があります。この経験を通して身につく集中力は、検査の仕事に関わらず、さまざまな仕事で役に立つでしょう。
また検査の仕事は、製品が世の中に出る前の最後の砦です。自分がミスをすると不良品が世の中に出てしまうというプレッシャーを乗り越えることで、責任感が身に付き、今後、他の仕事に就くときも主体的に取り組めます。
検査の仕事は同じ作業の繰り返しになることが多いので、得られるスキルは少ない思われがちです。しかし意欲をもち、向上心をもって仕事に取り組めば、社会人としてのスキルアップにつながります。

まとめ

工場で行われる仕事の中には、資格や経験が必要なる仕事も多くあります。しかし、検査の仕事は資格や経験がない、未経験者でも始めやすい仕事の一つです。
検査の仕事は製品によってさまざまで、中には椅子に座ったまま作業ができる求人もあります。そのため、立ち仕事や足腰に不安がある人にもおすすめです。働きやすい環境が整っている職場が多く、男性だけでなく、女性もたくさん活躍しています。細かい仕事や、集中して作業に取り組むのが得意な人には向いている仕事です。持ち前の集中力や責任感を高めることもできます。
また検査の仕事は、製造業がある場所には必ずあるため、職場も全国各地にあります。
自宅から通いやすく、働きやすい環境の仕事を探したい場合には、プロが紹介してくれる「じょぶサポッ!」をぜひ確認してみてください。

検査の仕事を探してみたい!そんな方はこちらから!