2020.4.23

モノづくりに関わりたい!製造業・工場の志望動機の書き方・例文を紹介

記事メイン画像

企業求人に応募するとき、まずは履歴書やエントリーシートを送ることが一般的です。その際に、企業に「会いたい」と思われるような内容を書かなくてはなりません。自分を上手くアピールすれば、その後の面接などでも有利に運べるでしょう。この記事では、製造業において採用担当者の心に届く志望動機と例文を紹介していきます。

1.まずは確認!製造業の仕事内容とは?

一般的に製造業は「メーカー」と呼ばれます。おおまかには、モノづくりに関わっている仕事だと言えるでしょう。ただし、何を作っているかは業種によって全く変わります。たとえば、食品や飲料なども立派な製造業です。一方で、自動車や機械、IT製品などを大量生産する業種もあります。すべて求人では「製造業」でひとくくりにされている可能性もあるので、就職活動では細かく業態をリサーチしなくてはなりません。

また、製造業のなかでも職種はいろいろです。現場で働くだけでなく、生産管理を行う役目もあります。資材を調達するのも製造業には欠かせない仕事です。まずは、どのような企業がどの分野を募集しているのか、しっかり把握してから応募しましょう。

2.製造業の志望動機でアピールできること

就職活動の基本は、企業が求めている人材像に自分を近づけることです。以下、製造業の志望動機で押さえておきたいアピールポイントを紹介します。

2-1.体力があること

製造業は決められた納期を守り、一定の工程を繰り返さなくてはなりません。当然、体力勝負の業界です。工場勤務だと特に、重いものを運んだり持ち上げたりする機会が増えるでしょう。志望動機では「体力に自信がある」というニュアンスを含めたいところです。

ただ、体力といってもスポーツで優秀な成績を収めているなど、大きな経歴を誇る必要はありません。「毎日ジョギングをしている」「ほとんど風邪をひかない」なども十分な長所です。つまりは、企業が求めているのは「健康体で長く働いてくれそうな」方です。輝かしい実績がなくても、大きな病気や怪我をしたことがないなど、元気に働ける点を強調しましょう。

2-2.正確性を求める性格であること

ほとんどの製造業は決められたプロセスをしっかり守る仕事です。些細なミスや手抜きをしてしまうと、それだけで製品が成り立たなくなってしまいます。正確に作業を務められるかどうかは、製造業で働くうえの大きな資質となるでしょう。志望動機でも「几帳面さ」「真面目さ」を盛り込んでおくと、担当者の印象に残りやすくなります。

ただ「私はミスをしません」と書いても、担当者の心には響きにくいと言えます。担当者は志望者に会ったことがない状態で志望動機を読むので、言葉の裏付けをとれないからです。そこで、具体的に「ミスをしないよう、このような努力をしています」と説明をするようにします。担当者の納得する内容が書かれていれば、面接に呼んでもらいやすくなります。

2-3.真面目で責任感が強いこと

製造業では、従業員それぞれが重要な役割を任されながら働いています。細かく工程が分かれているため、ひとつの製品ができあがるまでに多くのスタッフを経由することが基本です。誰か1人でも仕事を投げ出してしまうと現場に多大な迷惑がかかってしまいます。「責任感」のある真面目な性格は、製造業において重宝される人材となるでしょう。

また、製造業ではルーティーンワークが続くことも珍しくありません。人によっては同じ作業が続くと集中力を乱してしまい、真剣に取り組めなくなってしまうでしょう。どのような作業内容でもやる気を失わずにがんばれることは、志望動機に含めたいポイントです。「根気」のある人間だとアピールして、担当者の興味を引きましょう。

2-4.新しいものへの好奇心が強いこと

「アンテナの感度が高い」「好奇心が旺盛」なども、製造業で働く際のPRポイントです。製造業では、トレンドの移り変わりが激しい特徴を持っています。ヒット商品がすぐにすたれてしまうことも珍しくありません。また、季節や時勢などによって人々の関心は簡単に移っていきます。新しいものへの関心が薄いと、製造業でキャリアを築くのは難しいでしょう。

開発や企画部門を志望するときはもちろん、現場のほうにも好奇心は大切です。自分が組み立てている商品を見て、仕様を理解しているのとしていないのとでは完成度に差がつくからです。それに、製造に関わる以上、あらゆる職種のスタッフがアイデアを求められるので、常に流行を追っておくべきです。

2-5.社会を良くしたい気持ちがあること

モノづくりとは、大きな視点で言うと「世の中のため」にある仕事です。機械であれ食品であれ、人々の需要に応えて作られていることに変わりはありません。また、既存の製品を上回るモデルが開発されれば、社会をより暮らしやすくしてくれます。世の中に貢献したいという気持ちは、製造業を志望するうえで積極的にアピールしたいポイントです。

こうした信念は、企画、営業、工場勤務といったどの職種にも共通しています。立場に関係なく「自分たちの作っているものが誰かを助けているはずだ」と信じられるからこそ、目の前の仕事へと真剣に向き合えます。つらい時期を迎えてもモチベーションを保てるでしょう。自分以外のために尽くす心は製造業に勤めるときの核となりえます。

3.志望動機の注意点

よくある過ちが、消費者目線で志望動機を書いてしまうことです。たとえば「御社の商品を愛用しています」「たいへん使いやすいです」のような文言は効果的なアピールになりません。むしろ、担当者によっては厳しい評価をつけてしまうでしょう。なぜなら、企業が求めているのは一緒に働く仲間であり、ファンではないからです。

製造業に勤めるということは、作り手の一員になることです。そのため、担当者は志望者にも作り手としての意識を求めてきます。製品をいくら褒めたたえても、仕事を任せるうえではあまり関係がありません。ただし、作り手として「御社でこのようなことをしたい」「あの商品をこうしたい」といったビジョンを示せば、担当者の心に届きやすくなります。

3-2.他の企業でもできそうなことは言わない

製造業では、競合他社も存在します。お互い似たような製品を開発しながらも、それぞれの個性を押し出して差をつけようと日々努力しています。そのため、採用担当者も「自社の特長に引かれている人材」と一緒に働きたいと願っているのです。志望動機では、応募先にだけあてはまる内容を書きましょう。競合他社にも言える内容を載せてしまうと、リサーチ不足が発覚してしまいます。

まずは、業界研究を徹底することです。志望先がどのような業界でどこの立ち位置を占めているのかしっかり把握します。そのうえで、競合他社との違いを掘り下げていきます。違いをはっきり説明できて「御社でなければ働きたくない」とまで言い切れるようなら、採用担当者も「会ってみよう」と考えてくれるでしょう。

4.志望動機の例文

実際に志望動機を書く際は、例文を参考にするのが得策です。例文をまるまる書き写すのは厳禁ではあるものの、流れやPRポイントを理解するためには効果的です。以下、アピールしたい内容別の例文を紹介していきます。

4-1.未経験者の志望動機の例文

まずは未経験者の書く志望動機の例です。ポイントは「熱意」と「適正」です。

私が御社を志望したのは、製造業への憧れが強かったからです。私は大学時代、約3年にわたって食品製造工場で働いていました。そのとき、流行を常にリサーチしながら、新商品を次々に生み出す活力に強い尊敬を抱きました。そして、自分も将来、食品に関わる仕事をしたいと思うようになったのです。業界をリサーチしていくなかで、海外進出にも積極的に取り組んでいる御社なら、スケールの大きな仕事をできるのではないかと考えました。自分は大学で経営学を勉強し、マーケティングの知識も備えています。いつか、御社で新商品を生み出す仕事なども任せていただきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

志望するにいたった具体的なエピソードがあると、動機にも説得力が加わるでしょう。また、入社後にやってみたいことなども盛り込むのがコツです。

4-2.経験者の志望動機の例文

すでに製造業で働いている方は「即戦力であること」「転職理由」が核です。この2つを押さえて志望動機にまとめましょう。

私はこれまでも家電の生産工場で働いてきました。そこでチームリーダーを任されるなど、経験を積んできたと自負しています。だからこそ、より大きなプロジェクトに関わりたいと感じ、御社に志望しました。私は業界トップクラスのシェアを誇る御社で、より責任のある業務を担いたいと願っています。これまで私はチームリーダーとして、クレームなく現場を指揮したとして3度の表彰を受けています。この経験が御社でどれだけ通用するのか、自分を試したいと考えるようになりました。また、きっと御社のお役に立てると自負しております。よろしくお願いいたします。

「なぜ戦力になれるのか」という理由を明示しましょう。この場合、チームリーダーの経験や実績がアピールポイントとなっています。また、これまでの職場と志望先との違いもはっきりさせておきたいところです。

4-3.製造業で働くために!志望動機は人に見てもらうのがおすすめ

客観的に志望動機を完成させるには、他人に見てもらうことがおすすめです。主旨が伝わる内容かどうか、率直な意見をもらいましょう。そして、もしも期間工を目指しているのであれば、アウトソーシング経由にする方法もあります。アウトソーシングは就職が決まるまでのサポートをしてくれるので、相談したいときにできるのがメリットです。志望動機についても、経験に基づいたアドバイスをもらえることが期待できます。

モノづくりへの熱意を伝えよう

経験者が製造業に応募する際は、志望動機でしっかり実績をアピールしましょう。一方で、未経験者であっても志望動機の内容次第でアピールすることは可能です。「なぜこの会社なのか」「どうして製造業なのか」をしっかりと盛り込み、志望動機を完成させれば担当者の心に響きます。面接での印象をよくすることも十分にできるはずです。