2020.1.1

派遣社員とは?月収や職種などを解説

記事メイン画像

雇用形態の多様化が進む中で、正社員の絶対性は揺らいできています。多くの方がより自分に適した働き方を模索するようになり、その有力な選択肢の一つとして派遣社員があります。ただ、派遣社員とは具体的にどのようなものかがよくわかっていない方も多いのではないでしょうか。そこで、派遣社員の定義を説明するとともに、派遣社員を選択することのメリットやデメリットなどについても紹介していきます。

1.派遣社員とは?

正社員も派遣社員も名称は同じ社員ですが、雇用形態は全く異なります。たとえば、企業Aで働いている正社員は当然のことながら企業Aと雇用契約を結んでいます。それに対して、企業Aで働いている派遣社員は企業Aと雇用契約を結んでいるわけではなく、派遣会社と雇用関係を結んでいるのです。ちなみに、派遣会社とは企業の要請を受け、所属するスタッフの中から条件に合った人材を選んで派遣する会社のことです。したがって、企業Aで働いている派遣社員は、まず派遣会社と雇用契約を結び、その派遣会社の紹介で企業Aに出向いているということになります。

この場合、派遣会社は企業Aから依頼料及び派遣料を受け取ります。そして、それによって得た利益から、派遣社員に対して賃金や福利厚生などを提供しているのです。働いている企業から直接給料などを受け取っている正社員とは、そこが大きな違いだといえます。

2.派遣社員の種類

派遣社員と一言でいっても、そこにはいくつかの異なる雇用形態が存在します。決して派遣社員すべてが同じというわけではないのです。そこで、自分に適した働き方を模索している方の参考になるように、派遣社員の具体的な種類とそれぞれの特徴について紹介していきます。

2-1.登録型派遣と無期雇用派遣の違い

派遣社員の雇用形態は主に、登録型派遣と無期雇用派遣の2つにわかれています。まず、登録型派遣の場合は、最初に派遣会社が派遣社員として働いてくれる方を募集するのですが、この時点では派遣社員として雇用するかどうかの選考はありません。応募さえすれば、基本的に誰でも登録できるのです。その代わり、収入を得るには企業から派遣の要請があった際に選考に選ばれて、派遣先の企業と派遣契約を結ぶ必要があります。つまり、派遣会社に登録されているだけでは給料は発生しないというわけです。また、派遣先の企業で働いていても、その契約が終了すれば再び無給の状態に戻ります。

それに対して、無期雇用派遣の場合は、派遣先の企業で働いている場合でも待機中の状態でも常に給料が支払われます。そもそも、派遣先の企業との契約が終了したとしてもすぐに次の仕事を紹介してくれるので待機状態になること自体がほとんどありません。ただし、派遣社員として登録する段階で選考があるため、誰でもなれるというわけではないのです。要するに、無期雇用派遣は常に派遣企業と雇用関係にあるのに対し、登録型派遣の場合は派遣の要請が来て初めて派遣社員になるのだといえます。それまではあくまでも登録者に過ぎません。

2-2.紹介予定派遣とは

派遣社員には登録型派遣と無期雇用派遣のほかにもう一つ大きなカテゴリーが存在し、「紹介予定派遣」という働き方があります。この働き方が他と異なるのは派遣先企業の正社員になることを前提として働いている点にあります。具体的にいうと、最初は派遣社員として契約を結び、その契約が終了した時点で派遣社員がこの会社で正社員として働きたいと思い、企業側も正社員としての雇用を望めば、改めて正社員の雇用契約を結び直すことになるわけです。

要するに、派遣社員としての期間は、お互いが仕事に対しての適性をみるお試し期間だといえます。この制度を活用することによって、「条件がよさそうなので入社したけれど、企業の社風が自分とは合わなかった」「印象がよくて雇用したけれど、こちらが求めている人材ではなかった」などといったリスクを最小限に抑えることができます。ただし、お試し期間と称して企業側が何年も派遣社員のまま雇い続けるといった事態が起こらないともかぎりません。そこで、派遣期間は最長で6カ月と定め、それまでに結論を出さなければならないとしています。

3.派遣社員の平均的な月収や職種

派遣社員という働き方を選択する際に気になるのが、実際にどのような仕事があり、収入はどの程度期待できるかです。そこで、この段落では、派遣社員の主な職種や平均的な月収について紹介していきます。

3-1.平均月収

「平成29年度 労働者派遣事業報告書の集計結果」によると、派遣労働者の平均賃金は8時間労働換算で1万2212円となっています。この条件で週休2日、月21日働いたとすれば月収は25万円程度になります。ただ、これはあくまでも派遣労働者すべての平均値です。実際は、職種はもちろん、年齢や地域によってもその金額は変わってきます。たとえば、年齢でいえば、20代前半が最も安くて20万円代前半程度です。一方、60歳前半になると月収はピークに達し、20万円代後半程度になります。また、地域差については明確なことはいえませんが、地方よりも都市圏のほうが月収は高い傾向にあります。

3-2.派遣社員が多い職種

派遣社員が従事している職種はさまざまですが、男性の場合で最も多いのが製造業で全体の3分の1以上を占めています。
2番目は「運搬、清掃、包装」で、3番目が専門的な技術職です。ここまでで大体全体の7割ほどになります。ちなみに、事務職は女性の場合には全体の半数近くを占めていますが、男性の場合は全体の10%程度です。また、その他の主な職種としてはサービス業、販売員、ドライバーなどが挙げられます。

3-3.給料が高い職種

厚生労働省の「平成29年度 労働者派遣事業報告書の集計結果」によると、賃金の高い職種として挙げることができるのが「医師、歯科医師、獣医、薬剤師」の2万2403円、情報処理通信技術者の1万7427円、「建築、土木、測量技術者」の1万6844円といった職種です。これらの数字はすべて日給なので、月21日労働として計算すると、推定月収はそれぞれ、47万463円、36万5967円、35万3724円となります。いずれにしても、専門の知識やスキルが求められる職種ほど給料が高くなる傾向にあることがわかります。

4.派遣社員のメリット・デメリット

働き方を決めるにはまず、それぞれのメリットとデメリットを把握する必要があります。そのうえで、自分に合った働き方はどれなのかを考えることが大切です。そこで、この段落では派遣社員のメリットとデメリットについて解説していきます。

4-1.派遣社員のメリット

正社員の場合、今まで働いていた業界とは全く異なる業種に挑戦するのはかなり困難です。なぜなら、企業側は経験者を優先して採用するからです。しかし、派遣社員なら未経験者歓迎と謳っている企業も多く、違う業種であっても比較的チャレンジしやすいというメリットがあります。また、自分のキャリアを生かしやすいというのも派遣社員ならではです。正社員の場合は必ずしも自分のキャリアが生かせる部署に配属させてくれるとは限りません。会社の都合によっては畑違いの仕事をさせられる可能性もあるのです。その点、派遣社員なら、具体的な業務内容の説明を受けてから契約を結ぶので、ギャップも少なくて済むのです。

ちなみに、派遣社員は業務内容以外にも勤務地、勤務時間といった勤務先の情報を応募前から知ることができます。そのうえ、異動や転勤もありません。したがって、正社員と比べると、自分のライフスタイルに合った働き方をしやすいといえるのです。おまけに、時給も高い傾向にあります。それから、派遣社員は派遣会社からさまざまなサポートを受けることができます。具体的な内容は会社によっても異なりますが、たとえば、パソコンやビジネスマナーの研修、資格取得の支援などといった具合です。その他にも、派遣先での悩みや不満などを派遣会社の担当に相談できるというメリットもあります。

4-2.派遣社員のデメリット

派遣社員の最大のデメリットといえるのが、あらかじめ雇用期間が決まっているという点です。どんな条件のよい職場であっても、雇用期間が終了すれば仕事を辞めなくてはなりません。すると、次の仕事が見つかるまでは収入が途切れてしまうので、生活は不安定なものになりがちです。ただし、これは登録型派遣の場合であり、無期雇用派遣の場合はその限りではありません。派遣会社の社員という立場で常時給料をもらえるため、収入の安定化を図ることも比較的容易です。

派遣社員のメリット・デメリットをしっかりと理解しよう

派遣社員にも種類があり、それぞれメリットとデメリットが存在します。したがって、派遣社員を目指すのであれば、それをよく理解したうえで自分に合ったところを探していく必要があります。そして、その際に強い味方となってくれるのが、求人サイトの「はたらくヨロコビ.com」です。
アウトソーシングが運営するはたらくヨロコビ.comは、条件検索で手軽に希望のお仕事をピックアップできるうえに、就職のプロに無料で相談することも可能です。
さっそくお仕事を探してみましょう!